谷繁捕手引退

佐々木投手が引退してからというもの、
毎日のようにプロ野球選手の引退を気にしています。
谷繁兼任監督の選手としての引退は先日から一部では
報じられていましたが、日本経済新聞のスポーツ面に
掲載されたのは今朝ということで引退を確信。
ニュースでも今日になり初めて掲載されました。

私は大学時代、横浜スタジアムにはよく足を運んでいました。
ベイスターズファンではない私ですが、谷繁選手の応援歌は
なぜかメロディーラインと最後の「シゲシゲ浜の司令塔」
という歌詞が今でも頭の中に残っています。

大洋ホエールズの頃、秋元と併用されていた頃も
記憶している私にとっては、未だに大洋や横浜
という印象が残っています。でも実は、今年で
中日在籍のほうが長くなっていたみたいです。
もうそんなに年月が経っていたとは。

選手生活27年間、お疲れ様でした。
あ、背番号と同じですね。今気付きました。
来年からは監督専任て頑張ってください。


三浦の好投報われず。また岡島

佐々木無き今、ベイスターズの試合も気合が入らない。
でも、ベイスターズの応援はしてしまいます。

2015年度セントラル・リーグ
東京ヤクルトスワローズvs横浜DeNAベイスターズ 23回戦(2015.09.15)
@明治神宮野球場

予告先発
YS:館山
DB:三浦 大輔

三浦の好投を三嶋が投げてぶち壊すか思ったら、三嶋投げませんでしたね。
でも、結局は岡島が打たれてサヨナラ負け。

というか、あの場面でなぜ岡島なのか・・・
勝つ気が感じられない采配ですわ

高橋といい岡島といい、役に立ちませんね

こんなときにしっくりとくる名言はないものかと、
名言を検索してみました。

2人とも推定年俸は6千万
それだけあれば、良さそうな助っ人呼べそうですよね。
少なくとも来年も岡島にそれだけ無駄金払うなら連れてきた外国人がダメな方がよっぽど諦めがつく。

残りのハマスタではもう投げる姿を見ることありませんように!

高橋は引退試合やるらしく、どうしてもあと1回は見ることになってしまうけど、なんの役にもたっとらんのだから、引退試合の費用は読売に請求してやればいい


やったぜキヨシ監督!

15日の横浜スタジアム(ハマスタ)で行われた巨人対ベイスターズの試合は、2対3でベイスターズサヨナラ勝ちでが首位に返り咲き、オールスター戦を前に日本一ターンを決めました。
翌日のスポーツ新聞は、東京中日とデイリーを除いて各紙1面が「キヨシ首位ターン」の文字て一杯でした。
勝っても負けても巨人の話題で満載のスポーツ報知も、最終面トップに「キヨシサヨナラ首位ターン」の横文字が輝き、7連敗に12連敗もあったけど混セ5割で「ど真ん中」の文字。

オールスター戦を前に、今季4度目のサヨナラ勝ちで原巨人の独走を許さないと言わんばかりに3連戦3連勝しました。
この日は、若きニューエースの19歳砂田毅樹投手と23歳の筒香嘉智外野手の活躍で、巨人の鈴木選手を刺してベイスターズを劇笑サヨナラ勝ちに導いました。わ

チーム率いる中畑監督は満面の笑みを浮かべながら「よくやった」とガッツポーズ。
「勝ったよ!!すごいよ!!
本当に!!」と大興奮でした。

一方の巨人、原監督は厳しい表情だったのが印象的でした。

実は、日本一になった98年以来17年ぶりに前半戦で首位に返り咲きました。

この日の最後、中畑監督は「ここ(首位)にいる責任がある。
手放すつもりもないし、守るつもりもない。
居座ってやろうかな、と思うよ」とコメントし、雨上がりのハマスタに中畑監督の豪快な笑い声が響きました。

オールスター戦を挟んで、後半戦が気になります。
益々、応援に熱が入ります。
頑張れ、ベイスターズ!
目指せ、日本一!